2015年10月20日

Daryl Hall & John Oates @日本武道館

写真 2015-10-19 18 17 32

音楽の世界に身を置いて様々な人とお知り合いになりましたが、
未だ「ホール&オーツ・ファン」に出会っていません。
「○○○という曲大好き!」と
ピンポイントでの作品に対する評価は死ぬほど聞いてきました。
でも近寄りがたいほどのH&Oファンに出くわしたことがありません。

毎回来日の度にチケットは2枚買っておくのですが、
以上の理由から相手を探すのがとても大変です。
今回「ずっと見たかった」という
ベーシスト、山田アンソニーと一緒に見ることができました。

写真 2015-10-19 18 39 52


東京公演初日セットリストはこんなかんじ。

Maneater
Out Of Touch
Did It In A Minute
Say It Isn't So
You've Lost That Lovin' Feeling
Las Vegas Turnaround
She's Gone
Sara Smile
Do What You Want, Be What You Are
I Can't Go For That (No Can Do)

Rich Girl
You Make My Dreams

Kiss On My List
Private Eyes

ベーシックは4年前の来日とほとんど変わらず。

大阪・名古屋ではなかったという情報を得て、
でも、ダブリンのライブでは明らかにこの部分が最高潮だった、
事前にFBへ「まじか〜」みたいなことを書きつつも
多少期待をしていたら東京公演でやっぱり演ってくれた
「Rich Girl & You Make My Dreams」。

ラストは定番の「パン!パパン!」。僕は手を叩きませんでしたよ。
これも事前にFBに書いたとおり。

個人的には、数あるH&Oの曲の中で最も好きな
「Did It In A Minute」をやってくれたこと、
今のダリルの声で聴けたことがたまりませんでした。

10代から追いかけてコンサートに来ていると、
その都度グッと来るポイントが違ってくるもので、
今回心を掴まれた場所は、彼らのルーツがはっきりわかる
「5曲目〜Do What You Want…」の部分でした。
特に「You've Lost〜」は、
これまでのH&O人生で聴いてきた中で一番色っぽく、美しかったです。
序盤やアンコールでの全米No.1ヒット曲の連続パンチ、
一見さんをK.O.するにはバッチリですが、
これぞホール&オーツというパフォーマンスが体感できたのは
この部分だったなあと思います。

約90分という長さは最近では短く思いますが、
Blue Noteなどでのステージをこの会場規模でやっただけと捉えれば、
十分なボリュームだと感じます。

写真 2015-10-19 20 36 04


特筆すべき点がもうひとつ。
ステージ上の機材がとてもシンプル。
ハイエース2台で楽器関係は間に合いそうです。
間違いなくGueenのほうが機材量も回線も多いでしょうね。

コンサートが早く終わったので、神保町のほうまで歩いて、
「武道館のチケット提示で10%OFF」というお店でアンソニーと呑みました。





ホール&オーツって、誰もが認めるメロディーメイカーであるけれど、
そのメロディーと共に響くコードがとっても面白い。
リスペクトした上での「変態的な」進行をいくつか。
(実際に音に出して気持ちよくなってみてください)

「She's Gone」
いわゆる和声進行で言うI度解決が一度も出てきません。
key=Eメジャーなのに、Eというコードが登場しない。
セクション終わりのドミナントでしっかり止まるので、
終止感の欠如は皆無です。

「Everything Your Heart Desires」
むず痒いほどソウルフルな、80年代最後の名曲。
凄いところは、全体を支配するコードが3つしか出てこないこと。
(キメ部分や経過進行部分は除く)
Aメロは4小節に一度3,4拍にGm7のキメがある以外は、ず〜っとCm7一発。
そしてBメロ「無し」。
サビはGm7→Dm7→Gm7→Cm7の繰り返し。以上。
(大サビでベース音Fの上にBbとEbが交互に響くパターンがあるくらい)
極限までシンプルな動きの上に、
あんなに美しいメロディーが乗っていることが驚異です。

「Kiss On My List」のBメロ。
Fm9ではじまり次のコードとを行ったり来たりする進行なんだけれど、
Bメロというポジション、メロディーから響きを当ててみると、
まぁよくある流れということで、
Fm9→Gm(Bb6)→Fm9→Gm…としたくなる(良く合う響きです)ところ、
この人たちは、Fm9→Dm7(11)→Fm9→Dm7(11)…とするわけです。
この響きが無いとKiss On My Listではない。

「Say It Isn't So」
初めて聴いたとき「なんだこのイントロは」と思いました。
浮遊感を醸し出すこのようなコードの流れが得意だなぁと思います。
AM7(9)→G6→AM7(9)→CM7(9)… Aメロはこんなかんじで続きます。
このコードの動きの中、シンセ単音Eのロングトーンがまた鮮やかです。
ずっと弾いていても飽きない進行。

「It's A Laugh」
デヴィッド・フォスター臭が漂う、
それでいてメロディーは紛れもなくホール&オーツ。
ポップで大好きな楽曲ですが、変態的進行の真打ちだと思っています。
イントロ:Gadd9/A→C#m/B デヴィフォスぅぅう!
Aメロ:Cadd9→C/Bb→A/B→A/G→G
失禁しそうです。
Bメロ無し。
サビ:A→Aaug→A6→A7→Bm7→A/C#→D
だんだん上がっていくのですが、V度まで行きません。
そしてDから強引にAメロ(Cadd9)に戻ります。
迷曲中の名曲。

自分の引き出しの一部として、
どこか違う場面で再構築できたらいいなと思います。  

Posted by mrgntknk at 23:36Comments(2) 音楽 

2015年10月13日

Queen Tribute 2015

ありがとうございました!!
ラーメンで言えば「麺大盛り油多めスープ濃いめ野菜増し」か
それ以上か。
お腹一杯、グレイテストヒッツな選曲でございました。
【追記】
前回あまりにもマニアックすぎたので、
土下座&メンバー全員謝罪から始まった今回のライブでした。
僕はと言えば、今回1曲のためにWurlitzerを持ち込み、
結果家族が電車往復するハメに。

いつもながら心から楽しんで見て歌ってくださる
ビューティホーピーポーのみなさま、
いつも僕らが気持ちよく演奏できる環境を作ってくれる
各方面スタッフのみなさま、
本当に感謝しています。


本日のセットリスト

Tie Your Mother Down
I Want It All
Now I'm Here

Killer Queen
Play The Game
A Kind Of Magic

I'm In Love With My Car
You're My Best Friend
Save Me

Good Old-Fashioned Lover Boy
Somebody To Love
Love Of My Life
Too Much Love Will Kill You

The Show Must Go On
Innuendo
No One But You

Bicycle Race
Don't Stop Me Now

Under Pressure
Crazy Little Thing Called Love
Hammer To Fall
I Was Born To Love You

encore1
I Want To Break Free
Radio Ga Ga
Bohemian Rhapsody

encore2
We Will Rock You
We Are The Champions
God Save The Queen

(以上28曲)

9

打ち上げでいただいた、ロジャーこと豊田さとし完全プロデュースのCD、
詳細はロジャーに直接聞いてね。
10


  

Posted by mrgntknk at 00:36Comments(6) 音楽 

2015年09月27日

アウェイ鹿島戦(むしろ番外編)

15時キックオフのアウェイに出かけるというのに、
12時頃まで浦和におりました。

カシマスタジアムへは今回が3度目の参戦です。
過去2回は、サポーター自主企画のバスツアーと、車での個人参戦。
今年、圏央道が伸びたお陰で、都内を抜けずに行けることが判明したので、
外環〜常磐道〜圏央道〜東関道コースで向かいました。
しかし・・・

つくばJCTで分岐を間違え、別方向に行ってしまいました。
「高速で方向間違っても言えば通してくれる」
そう、いつか試してみたかった・・・
・・・通してくれました。距離にして往復8kmのロスでした。

新しく繋がった圏央道はその大半が片側一車線だったおかげで、
法定速度を遵守して走るトラックの後ろに車が数珠つなぎに、
そんな状態がしばらく続きました。

潮来IC出口で渋滞、出てからも北浦を越える橋まで渋滞。
でもここからがラッキーでした。
カシマスタジアムへ向かう鹿嶋バイパスは先まで詰まって動かず。
スタジアム近辺まで車で行くことを諦め、並行して走る旧道にシフト。
鹿島神宮駅前の300円/日の駐車場へ余裕で車を停め、
バッチリのタイミングでやってきた電車に乗り、
14時過ぎに「スタジアム駅」に到着。
道を間違え、渋滞にはまりながら、2時間で現地到着は快挙かも知れません。

写真 2015-09-26 14 04 29

ここは駅からスタジアムが近いというのが素晴らしいです。
ただし電子マネーが使えません。
我々は切符を買って入場したので問題ありませんでしたが、
ほとんどの人はSuica等で電車に乗ってきているでしょうから、
その精算が少々面倒に見えました。
帰りの切符(ひと駅ぶん)も買っておくことにしました。
これが素晴らしい切符でした。
写真 2015-09-26 17 49 02

スタジアムのゲートに向かって歩いていると、
どこからか僕を呼ぶ声がしました。
なんとESP学園講師時代の同僚だった久保田さんでした。
Jリーグの試合翌日、講師室でよくサッカーの話をしました。
相当ご無沙汰の再会でした。
写真 2015-09-26 14 11 15

カシマスタジアムはじめての1F席。
お一人様¥4,000でしたが、この場所がとても見やすい。
ピッチも近くて試合の臨場感がハンパないです。

メインの試合は、
さすが2ndシーズン首位(だった)鹿島。浦和はずっと押されっぱなし。
高さでも負け、ボールへの寄せでも負け、
でも懸命なディフェンスと、西川選手の好セーブ連発と運も味方し、
大事な大事な一戦をものにしました。
適地での勝利は格別です。
今シーズンは勝ち試合ばかり見せてもらっています。
写真 2015-09-26 17 02 29

帰りの渋滞を少しでも回避しようと
ひとつ手前の鹿島神宮駅に車を停めてきたわけですけど、
ホームへ入ってきた鹿島臨海鉄道のディーゼル車が
またイイかんじでした。
写真 2015-09-26 17 42 16
写真 2015-09-26 17 42 29
写真 2015-09-26 17 41 34

それでもやっぱり潮来ICまでの一般道で渋滞にはまりましたが、
ひと駅ぶん距離を置いた効果はあったと思います。

途中のつくば牛久ICで降り、
前々から気になっていた PENNY LANE というお店に入りました。
写真 2015-09-26 20 03 01
写真 2015-09-26 20 04 27
BGMはずっとBeatles。素敵でした。
味覚・聴覚・視覚でお腹一杯になりました。
帰りにお店のスタッフの方と
「GUEENでポールの云々〜」という話をして、
写真を見せたら興奮していました。
お店敷地内の庭で、パロッツさんがライブをやった事もあるそうです。

サッカー観戦以外でも何かと濃い一日でした。

写真 2015-09-26 21 28 30
  

Posted by mrgntknk at 05:29Comments(0) 浦和レッズ 

2015年09月04日

本日発売。

大森真理子ちゃん3作目のアルバム「Starting Over」が、
本日全国発売されました。

khmo-0004
(KHMO-0004) ¥2.500
発売元:Kotonoha Music Records
販売元:スカイドッグエンタテインメント


僕は3曲目のアレンジと、
アルバム最後の曲「Starting Over」の作編曲をさせてもらってます。

大きな組織に頼らず、
自分の楽曲を大切にし、
地道に一歩一歩進んでいる姿には、頭が下がります。
そんな彼女に声をかけていただいて、
自分で納得がいく、心込めたメロディーを提供できたかなと思っています。

インナー最後のページ、
「Starting Over」歌詞横の真理子ちゃんの表情がとても素敵です。



そして紙ジャケです。

写真 2015-08-30 0 11 44


2015年05月17日

「クイーン通」performed by GUEEN

僕は80年代洋楽(いわゆる全米TOPなんちゃら)で育った世代、
QUEENのリアルタイムはRadio GAGAです。
他にも好きなアーティスト、曲がたくさんあって、
あと鍵盤楽器をやっていたのも大きいと思いますが、
Radio GAGA以前以後のQUEENに全く興味を持たないまま大人になりました。
大阪の深夜ラジオ番組で、今で言う「空耳」コーナーがあって、
そこで「QUEENは関西のグループだ」と言われていました。
そんな印象しかありませんでした。

QUEENをCDで聴くようになったのは、
GUEENに参加するようになってから。
勉強のために。ライブの予習のために。
そんな僕が、青春をQUEENと共に過ごしたコアなオーディエンスに向かって、
ファースト、セカンドの頃のバンドの空気感を知らないまま、
「クイーン通」などと銘打ったライブで演奏するなんて、
申し訳ないというか、むず痒いというか、そんな気持ちでした。
でもそれはGUEENの一員としての使命でした。

最初は酔った勢いの冗談混じりの企画案だったけれど、
最終的に懸命に「演じた」ライブでした。
だから2枚のアルバムを完奏したとき、お客さんからいただいた拍手が
とても嬉しかったのです。
皆さんの思い出のサウンドを思い起こさせられたなら、
GUEENとしての職務を全うできたかなと思います。
今後も自分にある穴を埋めながら「演じて」行くのでしょうけれど、
他のバンドが到達できない場所を常に目指すスタンスはぶれていません。
大変だけれど、このメンバーならやれる気がしています。


One Vision
Keep Yourself Alive*
Doing All Right*
Great King Rat*
My Fairy King*
Liar*
The Night Comes Down*
Modern Times Rock 'n' Roll*
Son And Daughter*
Jesus*
Seven Seas Of Rhye*
Procession**
Father To Son**
White Queen (As It Began)**
Some Day One Day**
The Loser In The End**
Ogre Battle**
The Fairy Feller's Master-Stroke**
Nevermore**
The March Of The Black Queen**
Funny How Love Is**
Seven Seas Of Rhye (+ I Do Like To Be Beside The Seaside)**
39
Bicycle Race
Radio GAGA
Tie Your Mother Down

(encore)
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions
God Save The Queen

*first album (full)
**second album (full)

11267291_701873679939373_950238931_n
25


  

Posted by mrgntknk at 14:56Comments(2) 音楽