2010年09月24日

あなたの持ってるそのギター、

先日ライブをやらかしたばかりのFreenですが、
じつは秘かにレコーディングもやっています。

8月のDrum録り以来放ったらかしで、
冬の関西行脚までにCDを完成させなければならないことに最近気がつき、
かなり切羽詰まって、代わる代わるスタジオに入るスケジュールとなり、
昨日はボスのBassを中心に録音しました。


ボス以外のメンバー4人はほぼ同い年で、
失礼を承知であえて言うと、
典型的なB型であるボスの手綱を緩めたり、締めたり、
そのコントロールこそがFreenの活動の95%だと言っても過言ではありません。 

近々のライブのために20曲近く暗譜しなきゃならないと悲鳴をあげながらも、
若輩者の僕のディレクションに
ミュージシャンシップを持って対応してくれたボスはやっぱ大きい、
そう感じました。
Bassトラックを録り終えたのはキセキ・・・とても前進です。 



思いのほか早く事が進んだので、Guitarダビングへ。
とりあえず作業はベーシック中のベーシック部分のみとしました。

しかし開始早々、ギターアンプが勝手にどこかの電波を受信しはじめ、
曲の空白部分にぜんぜん違う音楽が録音されたり・・・

さらに問題勃発。

とある曲で音を重ねた感じがどうも良くない。
何かと設定を変えてみてもその違和感は拭えない。


すると横ちゃん、



秘奥義、もしくは



絶対的な禁じ手・・・・・使っちゃいました。 



・・・・あとはQueenファンの裁決に委ねます。











IMGP0279
   

Posted by mrgntknk at 09:25Comments(0) 音楽 

2010年09月22日

リハトラマン

リハーサルのトラというものを頼まれてやってきました。

ベーシスト渡辺建さんがバンマスのライブのリハーサルでした。

建さんには、僕のライブを手伝ってもらって以来、
もう5〜6年じゃ済まないくらいご無沙汰していました。 
元気そうでよかったです。

リハーサル中にスナップ撮る雰囲気でもなかったので写真はありませんが、
秘かにゴダイゴの浅野さんにドキドキしていたのでした。   

Posted by mrgntknk at 20:56Comments(3) 音楽 

小野モーガン

Twitterでもつぶやきましたが、
Gueen冬のライブのミーティングがありました。
くだらないアイデアはいつもここから生まれるわけですが、
さて今回はどうでしょう・・・・

ミーティング一次会場から2時間で追い出され、
Gueenシニア部隊だけで英国の雰囲気を味わうべく、English Pubへ。

パノラマ撮影のつもりが暗すぎて、あてすっぽ撮影になってしまいました。
しかも僕は写っていません。
でも見るからに仲良しおじさんたちです。 
ロジャーさとしファンの方、ごめんなさい。

IMGP0275
(クリックで多少大きくなりますけど、大きくしてまで見ます?)


タイトルは意味不明。   

Posted by mrgntknk at 01:54Comments(0) 音楽 

2010年09月21日

はじめて鍵盤を反対から弾きました。

IMGP0259

ワニの住み着く地下でFREENのライブでした。
対バンは、ブルース・ブラザースのカバー・バンド。

IMGP0272

予定時間を30分もオーバーして終わったので写真はボケ(させ)てます。
FREEN側は楽屋で軽くイラついて、気持ちも空気もちょっと嫌〜な状態に。 

でもやってやりましたよ。どうよ、今回は!

とりあえず職務全う。次はレコーディングです、今週。   

Posted by mrgntknk at 01:57Comments(2) 音楽 

2010年09月15日

80'sサウンド

10

80'sって不思議で、
時間が流れても、未だにカッコ良さとダサさが隣り合わせで、
慎重にアクションを起こさないと、とんでもないことになってしまう怖い文化。
ただ今になって改めて耳にすると、
テクノロジーを「使っている」作品と、
テクノロジーに「使われている」作品とがわかるのが面白い。


さて、度々ブログで紹介している Live From Daryl's House という番組。
Smokey' RobinsonやTodd Rundgrenなども出演していますが、
僕が一番オモロイ!と思ったのが、Episode10の Chromeo というユニット。

ホール&オーツの名曲、とりわけファンクカラーの強い楽曲をセレクトして、
Chromeo流に料理して茶々を入れているんだけれど、
作者は本当はこうしたかったに違いないと思えるくらいカッコイイ!
目から鱗だったのは「Method Of Modern Love」、
まあ「I Can't Go For That (No Can Do)」は言うに及びません。

ちなみに今年、Daryl Hall & Chromeo でライブをやったみたいです。

dh&chromeo


そんなChromeoの新作が、2010年に発表になりました。通算3枚目。
とにかくファンキーな80'sサウンド一直線です。
クールだなぁって思えるのは、世代だという理由だけじゃないと思います。

ボコーダーやトーキング・モジュレーターに過剰に反応するのは、
それは・・・・僕ら世代の特徴かも知れません。
  

Posted by mrgntknk at 13:39Comments(6) 音楽