2014年08月08日

高等学校軽音楽コンテスト埼玉大会を終えて

4歳から習っていたエレクトーンを小学校いっぱいで辞め、
辞めるときに「一生音楽はしない」と決意しました。
自分よりグレード(級)の低い生徒が自分よりも上手い、
言われるがままにグレード検定を受け、
取得したものは実際の実力を示すものではなかった、
小学生の時にその現実にショックを受け、
ただその世界から逃げたいだけだったのかも知れません。

ずっと封印していた音楽的行動をオープンにしたのが中学3年の夏休み。
自由研究で仲間3人でオリジナル曲を作り発表しました。
状況が歪曲して、学年発表会でもみんなの前で演奏する事になってしまいました。
その後の自分を決めた決定的な出来事でした。

当時の音楽の先生から卒業時、
『実のところ、音楽には深い関心があり、知識や考えを持っているのですが、
 いささか自分の世界にとどまったのが残念です。
 これからは、うんと前面に出て、アピールしよう!』
と書かれた「表彰状」をもらいました。
自分のそのときの気持ちも含めて、見事に言い当てられているなと思いました。

将来音楽の道に進みたいと親に打ち明けたのは、中3のそんなときでした。
親としてみれば、たかが一度の発表会で熱でも出したかと思ったでしょう。
僕の頭には子どもの頃から聴いていたYMOやゴダイゴ、
洋楽の中でも特に思い入れが強かったホール&オーツ、
そういった人たちが活躍するシーンで自分も同じようにやりたいという気持ちと、
もう一緒にやっている妄想がありました。

それならば基礎をしっかり勉強して音楽大学へ行きなさい、と
ロックの魂を抱えたまま、気持ちがモヤモヤしたまま、
クラシックの作曲のレッスンに通い続ける高校時代でした。

クラシックの勉強の反動は当然バンド活動に来るわけで、
当時で言う主要五教科の成績は早々と崩壊し、
バンド9割、作曲レッスン1割という高校生活を送るようになりました。
僕が今の生徒・部員に成績のことを強く言えないのは、
こんな自分があったからでもあります。

自分を音楽漬けにしたくて吹奏楽部に在籍し、
でも気持ちは完全にバンドに傾いていました。
高校に軽音部はありませんでした。
バンド活動は日曜日、街のリハーサルスタジオでの練習でした。
天満橋や天王寺のスタジオを使っていました。
のちに友人宅の空いたスペースに楽器を集め、安いドラムセットを買って、
リハーサルスタジオとして使えるようにしました。

バンドには目標がありました。
「秋の文化祭前夜祭のステージに立つこと」
そのオーディションに合格するために練習を重ねました。
自分たちのバンドはかなりイケてると思っていました。
高校1年、高校2年とオーディションに臨みました。結果は2回とも落選。
高校2年の文化祭をもってバンドは終了するという結成当初からの約束通り終了、
一度も前夜祭のステージに立てませんでした。
同級生のバンドが喝采の中演奏している姿を見て、
悔しさと情けなさから、
絶対プロになってやるという気持ちがさらに強くなっていきました。
バンドは結局イケてなかったわけですが、
ひとつだけ誇れることは、
一度もメンバーが替わることなく2年間活動できたということです。

その後本当に運良く、プロとして音楽活動できるようになれたのですが、
僕には音楽で賞をもらったとか、高い倍率のオーディションを勝ち抜いたとか、
そんな経験がありません。
だから、その高いハードルをクリアすることがどんなに大変かわかりません。
そしてクリアしたときの嬉しさも、実はわからないのです。


「第4回全国高等学校軽音楽コンテスト埼玉大会」がありました。

今の勤務校からは、
3年生バンドと1,2年生混合バンドが地区予選にエントリーしましたが、予選敗退。
今の部活の状況を考えたら、エントリーするという気持ちになっただけでも、
評価できる前向きな行動だったように思います。
そして悔しいと思ったならば、その気持ちを忘れないでいて欲しいと思います。

前任校は予選別地区から、3年生バンド2つがエントリーしました。
顧問ではなくなったけれど、人間関係がなくなるわけではないし、
数年間一緒に過ごした人間同士の情や絆があります。
制約や立場を取っ払ったひとりの人間として、とても結果が気になりました。

予選が終わった夜、Twitterで、うち1バンドが予選通過したと知りました。
早速返信。


8月6日、決勝当日。
僕は今年も舞台袖に一日中いました。ステージ上楽器周りの担当でした。
バンド名「ガラナ」が出演待機で舞台袖に来ました。

「お客さんは君たちのオリジナル曲を楽しみにしている。
 みんな味方。緊張する要素なんてどこにもない」
「歌詞をしっかり聞いている人に伝えること」
「気持ちが高ぶっても構わないけど、丁寧に演奏すること」
と言って送り出しました。

舞台袖で演奏を聴いた感じ、ちょっと地味かなと思いました。
去年も同じ状況で、部員たちの演奏を真横で聴いていました。
あのときは熱く、会場全体から伝わってくるものがありました。
今回はそれが感じられませんでした。
「丁寧に」なんてアドバイスしたのがマズかったかなと思いました。

審査発表のとき、僕は受賞バンドの整列・誘導係でした。
審査員講評の最後は、タケカワユキヒデさんでした。
斜め下から見ると猪瀬直樹に似ているなぁ(失礼しました!)なんて、、、
エントリーした各オリジナル曲のクオリティの高さを褒めてくださいました。

審査発表。
特別賞2,奨励賞3,準グラ、グランプリの順で発表がありました。
手応えがなかったので割と冷静に発表を聞き、
前に出てきた受賞バンドを、羨ましく思いながら整列させていました。

全国に行ける上の2つの受賞は無いと思っていました。
申し訳ないけれど僕の基準で判断して、ひいき目に見ても
それだけの圧倒された感はありませんでした。
前日のリハーサルで全バンドを聴いた時点で、上位2バンドは見えていました。
残り5つを審査員がどんな基準で評価し、決めるかというところでした。

ということで、
特別賞は、
圧倒的なパフォーマンスで沸かせたバンドと、超個性的なボーカルが目を惹いた、
いずれもカバー曲で臨んだ2バンドが選ばれました。
そして奨励賞の発表。
1校目。
2校目。
そして3校目。僕の中では最後の枠。
前任校の名前が、想像していたよりも淡々と呼ばれました。
それまで冷静に発表を聞いていたのですが、
その瞬間から数秒間、頭の思考が停止しました。
きっと本人たちは頭の中真っ白だったんじゃないかと思います。
前に出てきた彼らを整列させ、先頭にいた睦実(以下、睦)と軽く握手しました。
睦は泣いていました。その理由はあとになって知ることになるのですが。

評価を得たのは、彼らのオリジナル曲が持つチカラだったと思っています。
演奏力の高いバンドはいくつもありました。
今回最終的に賞を勝ち得たのは、
表現したいこと、楽曲・バンドへの思いの強さをステージで表すことができ、
なおかつ、見ている人にそれが届いたことではないかと思います。

顧問を離れ、しかもその夏のタイミングで何故? と運命を呪いましたが、
タイミングがそうだっただけで、
彼らの部活動の流れの中で、受賞は必然だったと今は思います。
自分の高校時代と比べてみても、演奏力も表現能力も素晴らしく、
自分の高校時代に彼らがいたら、きっと憧れの存在に見えたに違いありません。

前任校で顧問をしていた頃、
集会等で、大会で成績を残した運動部が表彰を受けている姿を、
羨ましく思って見ていました。
音楽部の彼らにも全校生徒の前でいい思いをさせてあげたい、
コンテストを目指すきっかけとなったのは、その程度のことでした。
9月の始業式には是非みんなの前で表彰してもらえるようにと
顧問の先生にお願いしておきました。

表彰式が終わって閉会してすぐに、
睦が賞状を持って僕のところへ走ってきました。ハグしました。
何人かの先生が見ていて、なかなか感動的な場面だったと思ったのですが、
どうやら誰もカメラには収めていなかったようです。

今の勤務校の部員もこの大会を見に来てくれていました。
予選で敗れて悔しい思いをしながら見ていた部員もいたと思います。
でも会場に足を運んでくれた姿勢を評価したいと思います。
絶対に次の一歩に繋がると信じています。

大会終了後、前任・現在勤務2校の交流会を設けました。
決して強制ではなく、会場で挨拶する程度のつもりが
生徒間でそういうことになりました。嬉しかったです。

日が経つにつれて、喜びがジワジワと広がってくる大会でした。

999



Posted by mrgntknk at 15:36│Comments(1)
この記事へのコメント
 d(^_-)=☆
Posted by しゃちょー at 2014年08月08日 15:53

コメントする

名前
URL
 
  絵文字