2016年02月09日

手をとりあって

3日連続の学校がらみ音楽活動3日目。
初日は吹奏楽、2日目は軽音、最終日は合唱でした。

埼玉県高等学校総合文化祭・音楽祭「南部地区」という催し物が
2月3,5,8日と開かれ、
その最終日に現任校1年生が初参加しました。

初参加という意味は大きくて、
年間行事に組み込まれていないものへ最初のアクションを起こす
(僕が心を決めるだけなんだけど)勇気が必要でした。
根回しは春の管理職との面談からはじめました。
教員が必ず書かなければならない
目標やら方策やらその結果やらを自己分析して
作成・管理職に提出する書類があって、
今年度はじめ「校外開催の音楽祭に授業の枠組みで参加する」
という目標を書きました。
自己分析するに、ただのイベント好きです。
忙しくても、空腹が続いても、睡眠時間が少なくなっても、
何かモノを作れる状態にあるとき、とても幸福な気持ちになります。昔からです。

参加条件にかなう形は、現任校では1年生クラス単位の参加しかありません。
夏休み前に1学年主任に概案をお話しし、仮予定を入れてもらい、
2学期中盤からクラスのセレクションに入りました。
ここで前向きなクラスがなければ廃案。昨年がそうでした。
今年は最もやんちゃなクラスが本気か冗談か
「参加したいっす」と言ってくれたので、
それを真に受けてエンジンをかけました。

曲選びは誰の意見も聞かず自分で決めました。
気持ちが入らない曲は指導できないので。
候補曲が2曲ほどあって、どちらも大好きでしたが、
歌い回し、ピアノアレンジが難解、ハーモニーがごまかせないという判断で却下。
あれこれ考えた末、自分は何者?と原点に戻り、そこで勝負しようと。
生徒からは「英語の歌ですかぁ~?」といつもの文句が返ってきました。
「日本語の部分もあるから」と言い訳。
「カタカナふるから」と論点をうやむやに。

しかし参考にする譜面が見当たりませんでした。
そこでピアノ伴奏譜は、
自分がいつも弾いているものをMIDIで録音して作りました。
合唱アレンジはバンド仲間にコーラス譜を送ってもらい、
それを基に平易なアレンジにしました。

男子生徒が多く、
授業でもなかなか声を出して歌うという雰囲気、環境にするのが難しく、
でもその集団に隠れて、
じつは歌うことが好き、歌うことに前向きな生徒は確実にいて、
その子たちの力も欲しいし、光を当ててあげたいと思ったので、
参加形態を「クラス+学年有志」としました。
2学期の実技試験の具合を参考に生徒を選び声をかけていきました。
そして有志参加の意思がある生徒には、参加表明書を提出してもらいました。
最終的に80名近くになりました。
指揮者、ピアノ伴奏者も立候補がありました。
事はうまく進むかに見えました。

なんやかんやで、エントリー締め切り後の
2学期末考査終了後からやっと練習を始められました。本番までひと月半。

まぁ、集まりが悪い。
毎回4~5人しか顔を出しません。
それでも来てくれた生徒と練習をしました。
その状況を見て、来なくなる生徒もいました。
冬休みは誰も来る気配がなかったので、無しにしました。
3学期になりました。本番まで1か月を切りました。
担任の先生を通じて、参加表明をした面々に再度意思確認をしました。
ボロボロと脱退者が出てきました。
言いたいことはありましたが、有志なので生徒の意思を尊重しました。
そんな最中、修学旅行の引率です。1週間まるまる何もできませんでした。
本番まで2週間。
沖縄の夜、3泊中、かなりの確率で夢に出てきました。

旅行から戻り、次の週から毎昼休みの練習を再開しました。
パラパラと参加生徒が増えてきました。
就労体験や代休が入り、なかなか練習時間の確保ができなくて大変でしたが、
音楽室に集まってくるその雰囲気は決して悪くなく、
お互い声を掛け合いながら人が増えてきました。

本番一週間前、音沙汰なく参加する意思が見られない者たちを呼んで理由を聞き、
そこから挽回をはじめた者、、お引き取り願った者、
最終的に、公式参加予定者数は58名になりました。
結局全員が集まることは一度もなかったのですが、
直前の3日間、わずか15分の昼休み練習に多くの生徒が集まってくれました。
今の学校では普段あまり見られない光景でした。

音楽祭当日は、引率顧問である僕の大失態からスタートしました。
舞台セッティング図4部コピーを用意、当日朝提出すべきところ、
前日、前々日にあったイベントの件と、
生徒へ配るメッセージカード&全体合唱楽譜は忘れてはならぬと
そこまではよかったのですが、
ほかの部分で身の回りがグチャグチャになっており、
音楽祭に関する自分のすべての書類を学校に置き忘れて来てしまいました。
受付で平謝り。
学校名・指揮者名・伴奏者名・ピアノ蓋開け具合のたった4行を
白いA4用紙にちっちゃな字で早書きし、コピーして提出しました。
そのわずか5分後、生徒と共にリハーサル室へ向かいました。

トップバッターでした。
集団の列前後には誘導係の女子生徒がついてくれました。
とくに元気な生徒たちは並びの関係で最後尾に集まっており、
最後尾についてくれた榮倉奈々似の生徒さんにちょっかい出さないよう
見張るのが僕の役目になっていました。

リハーサル室で10分ほど歌の確認をしました。
いろんな学校さんが来ていて、それぞれのスタイルで演奏する、
でもそれを真似する必要は全然ない、
君たちらしく、君たちのスタイルでパフォーマンスすれば、
必ずオーディエンスの魂(ソウル)に届くから、
と、どこかの映画に出てきたセリフを交えて話し、
ホール下手へ移動しました。

舞台そでで待機となった途端、
少しずつ気持ちが高ぶってきたのか、
自分の並ぶ列、出る順番等を気にし始める生徒が続出しました。
いろんなところから「先生!先生!」と呼ばれ、
「まわりを見て、舞台に出てからお互いで修正せい」と一蹴。
係の方の合図で生徒たちは舞台に出ていきました。

生徒たちだけでステージを作る、僕は本番の演奏に一切関与しない、
これは当初からの考えでした。

誤解してもらいたくないのですが、
僕はずっと、例えば合唱や吹奏楽で、
先生が指揮をすることに違和感を持っていまして。
生徒たちの演奏になぜ先生が加わるんだろうと。
高校時代、あまり真面目に練習に行かなかったけれど、
僕が在籍していた吹奏楽部の定期演奏会は、OBか現役先輩が指揮をしていました。
顧問の先生が振った記憶はなく、
それがデフォルトになっているからかも知れませんが。
軽音楽のバンドに先生が混じっていたらエントリーすらできません。
例えとしては大袈裟でしょうか。
成りたちが違うからだとは思いますが、どうもスッキリしないのです。

送り出した後、誘導係の2人の女子生徒さんたちと
ステージ裏を通って上手にまわりました。
その途中、うち1人が「いい曲ですね」
この曲知ってる?
知りません
クイーンというロックバンドの「手をとりあって」という曲なんだよ
途中に日本語の歌詞が出てくるからこれにしたんだよ
そんな会話をしました。

技術はないけれど、大きな声で、元気よく、そして楽しげに、
特に大サビの部分では「感情を爆発させていい」と言ったら、
移動の際、列の最後尾にまとまっていた元気な生徒たちは、
それこそ例の映画に出てくる合唱部のように、
本当に身振り手振りで、舞台最前列からさらに一歩前に出て表現しました。

とっても真面目な高校のみなさんからは、
「ふざけている」とコメントいただきました。
僕はしてやったりと思いました。そして、
もし今後この学校が音楽祭に続けて出られるようであれば、
この表現を継承して、
「あの学校のあのパフォーマンスを見たい」と思ってもらえるような
そんな伝統を作ったらいいんじゃないかと思いました。

先生、俺たちふざけてないっすよ、一生懸命歌ったんすよ
コメントを読んでマジな目で言ってくる奴らに親指を立てて返しました。

参加してくれた女子生徒はわずか3人でした。
それでもちゃんと声は響いていました。
楽しかったよ、と言ってくれました。

今回のような、コンクールでもない、順位も勝ち負けもない、
何の見返りもない事に対して、
参加しようという気持ちを見せてくれた生徒が思いのほかたくさんいたこと、
それに驚いたし、言い出しっぺとして嬉しかったです。

鑑賞態度は決して褒められたものではありませんでした。
でもほかのどの団体よりも長い時間、与えられたエリアを空にすることなく、
客席を暖めていたのはうちの学校でしたね。

最後に言い訳になってしまうのですが、
これらはすべて、僕の中にあるクラシック音楽に対するコンプレックス、
吹奏楽に対するコンプレックスから来ていると思っています。
植田薫先生の講習会に毎回参加したいと思う気持ちもそうです。
コンプレックスを克服しようというのではなく、
むしろそんな気は今更ぜんぜんなくて、
もうこれしかできないんです、という思いです。
それで誰かに何かしら響かせられたら、
まぁいいかと自分自身を慰めているのです。

お二方の講師の先生から講評用紙をいただきました。
学校に戻ってから封を切り中に書かれていることを読みました。
参加した生徒に対して書かれていることなのですが、
準備から本番までの自分の行動をすべてどこかで見ておられたような、
そんな内容に、読んでいて泣けてきました。

「ステージで歌うみなさんの姿、カッコよかったですよ。
 サビで声が高まるところ、こちらまでしっかりと届いてきました。
 思い切り歌うのは気持ちいいでしょう。
 今回少し遠慮してしまった人、次回はもっとはじけてみましょう。
 生徒だけでよくやりました。
 情感豊かな指揮、力強く安定したテンポのピアノ
 ともに大変よかったです。
 この曲は誰が選んだのですか?
 なつかしい曲が聴けて感激しました。私も大好きな曲です。
 初出場おめでとう!
 次回も絶対出て下さい!」

90


Posted by mrgntknk at 22:23│Comments(2) 音楽 
この記事へのコメント
なんですってー。そんなステキな試みが。読んでて泣きました。伝えたいと思う心が聴き手の心にも響くのだと思います。生徒さんたちの力を信じる素晴らしい先生。グイーンライブの特別ゲストで歌ってほしいです!
Posted by さゆり at 2016年02月09日 23:24
ゲストは勘弁してw
もう面倒見きれませんww
演奏に支障がwww
Posted by も at 2016年02月09日 23:53

コメントする

名前
URL
 
  絵文字