2016年03月14日

本気

写真 2016-03-14 11 26 59

卒業式でした。
部活で接する生徒諸君が印象に残った学年でした。
彼らの頑張りが部活動を活性化させたと感じています。

彼らが1年生のとき、
僕は前任校の顧問として1年生大会で彼らの演奏を聴きました。
そのときはいろんな学校の中の1バンドというだけで、
気になったプレイヤーにチェックを入れておいたくらいでした。
まさかその春から今の学校で働くことになるとは、
もちろんそのときは想像すらしていませんでした。

僕はこの学校で仕事するようになってもうすぐ2年ですが、
思い描いた姿と現実が全くリンクせず、たいした事は何もできていません。
部活についても同じで、結果を出せずにむしろ自分に苛立っています。

部活を指導したくて今の仕事を続けているけれど、
違うところである事に目をつぶっていられなくなりました。

それは着任してすぐの始業式。
校歌をテープで流してハイ終了って姿勢に衝撃を受けたのです。
そして、この学校に校歌を定着させようと、
自分の学校の校歌を歌えないってカッコ悪いぜって
(本当は先生方にも)感じてもらいたくて、
少しずつ布教活動を続けてきました。

全校集会で校歌斉唱のコーナーができて
(今でもメチャクチャ声は小さいですが)もうすぐ1年半になります。
ピアノ伴奏出来る生徒に関して、
全校生徒でポジティブな意志を見せてくれるのは2~3人しかいないけれど、
それでも宝探しで宝石を見つけたかのように、
彼らを大事に寝かせ膨らませ
美味しい頃合いを見計らって全校集会に投入しています。
2月初旬の音楽祭もそうでしたが、
やる気ある幾人かの生徒が共に意識し合いながら
良い雰囲気を作って来ていると感じます。それに救われています。

卒業式での校歌斉唱は
(本当に歌うと言う意味で)今年でおそらく2回目だと思います。
昨年は生徒がピアノ伴奏をしました。それは継承できました。
しかも今年は送られる卒業生の中から、
あの舞台で弾きたいと気持ちを話してくれた女子生徒がその役を担いました。

彼女は全くの初心者でした。譜面も読めませんでした。
将来は幼児教育の方面に進みたい、ピアノが必修だということで、
夏休みからピアノを練習しにちょくちょく音楽室へやってきました。
でも弾くというよりは鳴らしているという印象でした。
もし弾けるようになったら校歌の伴奏も挑戦してみたらと、
一応、譜面を渡しておいたわけです。

ここでひとつ。
現任校には校歌の伴奏譜など存在しません。
あるのは、学校要覧に載っている校歌のメロディー譜と、
着任最初の始業式で聞いた衝撃の音源、
数年前にお金かけて制作したらしいCDがあるのみ。
(これがとっても軍歌っぽいw)

まずはその軍歌色を排除、
ハーモニーのアレンジを加え、自分の手癖も交えつつ、
集会で弾くためのあくまで「仮」の伴奏譜を作りました。
そして、なんとなく音楽に長けている生徒に配っているうちに、
集会デビューをしていない生徒も含め、
今では昼休みになるとほとんど毎日誰かが
音楽室へピアノを触りに来るようになりました。
別に校歌を練習しているわけでもないのですが。

2月の音楽祭が一段落するのとほぼ同じ時期、
3年生は家庭研修という名のお休みに入りました。
免許を取りに行ったり、思いっきり遊んだりと、
就職前の一番楽しく自由な時期かも知れません。

上述の3年生女子生徒は、
家庭研修に入ると同時にほぼ毎日学校に登校し、
暗くなるまで音楽室で校歌伴奏の練習を始めました。
3学年の先生からは、初心者が本当に弾けるようになるんですかと
心配の声が多く聞かれました。
弾きたいんだから弾けるようになるんじゃないですか、大丈夫でしょう。
まだ全然形にもなっていない状態でしたが、
根拠のない自信のようなものはありました。ひたむきさかな。
これを在学中の部活で見せて欲しかった。。。

じつは彼女、1年生のときは軽音部だったのです。
僕が1年生大会で見たバンドのボーカルで、
そのときチェックを入れた気になったプレイヤーのひとりでした。
それが現任校で顧問をすることになって聞いてみたら、
いろいろあって辞めたと。
まぁスタートから計算が狂ったわけです。
一時復活のチャンスを与えたにもかかわらず結局続かず。
このまま音楽表現をせずに卒業していくのかと残念に思っていました。
でも今回、卒業式で伴奏するという事に関して、
人が変わったように練習に取り組んでいました。
軽音という舞台ではないけれど、
音楽表現をする場所に戻ってきたことは良かった。

そして今日の本番、とても良いプレイが出来ました。
3学年の先生方は皆さん驚かれ、褒めておられました。
先週末のリハーサルで思いっきりコケたことが、
かえって良かったかも知れません。
それともちろん一番は彼女自身の努力、勇気。

本気になることの大事さを最後の最後に彼女から学びました。
それは年齢に関係なく言えることですね。

写真 2016-03-14 11 53 24

(卒業したので顔出しします)


Posted by mrgntknk at 20:55│Comments(4) 音楽 
この記事へのコメント
5
ステキですね。
ホントにこちらが学ぶ事が多くて高校生にはいつも驚かされます。
でも、先生もサスガです!!
Posted by のぶさん at 2016年03月14日 22:12
ありがとうございます。
私はただの教室レンタル&管理人でしたからw
彼女の演奏を聴いたあと、後輩が数人練習にやって来たことを付け加えておきます。
Posted by も at 2016年03月14日 22:39
モーガンさんの蒔いた種から芽が出て花が咲いたのですねぇ。世話をやきすぎず花開くのを待つのも素晴らしいです。お昼休みに音楽室に行こうっていう雰囲気、いいですねぇ。
Posted by さゆり at 2016年03月18日 23:06
いやぁ、種はどこからか飛んできたんですよね。
世話も苦手です、まったく。
Posted by も at 2016年03月19日 18:11

コメントする

名前
URL
 
  絵文字