2018年08月22日

雑感

高校軽音楽の全国大会が終わり、1年でいちばん大きい連盟事業が一段落しました。
毎年コンテストが終わるたび、いろんなことを考え、夜も眠れなくなり、
なんとか自分を納得させようとする、その時期がちょうど今です。

埼玉県は「地区予選」「県大会決勝」を経て、
上位2組が “全国”大会へ出場する権利を得ます。
その権利は譲ってもいいわけです。まあ普通はエントリーします。

大会には審査員がいて、
埼玉県の場合は「地区予選」が各地区3名。
「県大会決勝」が5名。
“全国”大会も5名。

人間が審査するわけですから、
それぞれの尺度、基準、その日の体調によって評価は変わる。
「好み」だって影響するでしょう。
しょうがない、人間だから。

審査員を依頼するのは大変。
本当は、審査員の傾向・専門分野をリサーチした上で、
例えばボーカリストとか、作詞家とか、
オリジナル曲を推進しているんだから、バランス良くお願いしていかないと。
「音楽に携わっている人」が基準ってのは、正直あてにならんのです。
そろそろ気付いてはいるけれど、難しい。

あと近年一番話題になるのは、午前と午後で評価が違うこと。
午後のほうが、次に進める率が高いんです。
もちろん審査員の方々は、それはないと反論されると思います。
でも我々の中では、結局そうなるよ、という共通認識でいます。
午前を聴き直すVARを導入しましょう(半分冗談)。

今回の“全国”大会、
審査員の方、5名全員がギター弾きでした。
開会式の場で長々とプロフィール紹介がありましたが、
まとめると肩書きは5名とも専門学校の講師。

悪く言うつもりはまったくありません。
“全国”大会です。
北海道、福岡からも高い旅費を払って来ているわけです。
“全国”大会というイベントの
ステイタスを感じる場であって欲しいと思いました。


思いついたことを書いてみましたが結構な量です。

コンテストが全て、コンテストを活動の頂点に考えると、
評価を受けられなかった時、全否定された気持ちになります。

コンテストって、所詮こんな具合、
みんな一生懸命やっているし、審査も真剣だけれど、
それでも不確定要素たっぷりの場だということ。
それをうまく伝えられるようにしたい。

評価が悪かったのは、審査員に見る目が無いんだよ、
それくらいの生徒が、今後出現してくれたら嬉しいです。
ロックじゃないですか。
  
Posted by mrgntknk at 19:46Comments(0)

2018年05月06日

GUEENゴールデンリサイタル2018「ズージャ」

今年はアルバム「JAZZ」発売40周年。
先月14日、羽田空港でのイベントに出演させていただきました。その会場で「JAZZをまるごと全曲演奏する」と約束した、そのワンマンライブでした。
ライブタイトルは「ズージャ」。
JAZZ
ZZAJ

今回のセットリストは以下の通りです。

Father To Son
Keep Yourself Alive
Killer Queen
You're My Best Friend
Now I'm Here (Live Killers Version)
'39

Mustapha*
Fat Bottomed Girls*
Jealousy*
Bicycle Race*
If You Can't Beat Them*
Let Me Entertain You*
Dead On Time*
In Only Seven Days*
Dreamer's Ball*
Fun It*
Leaving Home Ain't Easy*
Don't Stop Me Now*
More Of That Jazz*

Love Of My Life
I Want To Break Free
Radio Ga Ga
Tie Your Mother Down
I Was Born To Love You

(encore)
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions
God Save The Queen

* from "JAZZ"


今回GUEENで初めての斜め置きをしてみました。
050501

ステージで着たTシャツ…(フォントは違うけど)
gun1
gun2

次回のGUEENは、10月14日(日)。
場所は同じく、東京・渋谷TSUTAYA O-EASTです。
よろしくお願いいたします。
  
Posted by mrgntknk at 20:41Comments(3)

2017年11月19日

GUEENライブ2017「クイーン今昔物語」

寒いなか、ご来場ありがとうございました。
諸々感想、ボヤキ等は幾つかのSNSに書きましたので、
セットリストのみ記録しておきます。

次回は、来年5月5日と聞いています。
よろしくお願いします。

セットリスト
1. I Was Born To Love You
(アルバム「Made In Heaven」より)
2. The Show Must Go On
(アルバム「Innuendo」より)
3. I Want It All
(アルバム「The Miracle」より)
4. A Kind Of Magic
(アルバム「A Kind Of Magic」より)
5. Hammer To Fall
(アルバム「The Works」より)
6. Under Pressure
7. Staying Power
(以上、アルバム「Hot Space」より)
8. Flash
(アルバム「Flash Gordon」サウンドトラックより)
9. Play The Game
10. Sail Away Sweet Sister
(以上、アルバム「The Game」より)
11. Mustapha
12. Bicycle Race
(以上、アルバム「Jazz」より)
13. It's Late
(アルバム「News Of The World」より)
14. Good Old-Fashioned Lover Boy
15. Long Away
(以上、アルバム「A Day At The Races」より)
16. Love Of My Life
17. You're My Best Friend
(以上、アルバム「A Night At The Opera」より)
18. In The Lap Of The Gods…Revisited
(アルバム「Sheer Heart Attack」より)
19. Ogre Battle
(アルバム「Queen II」より)
20. Great King Rat
21. Liar
(以上、アルバム「Queen」より)

アンコール1
22. Good Company
23. Bohemian Rhapsody
24. Radio Ga Ga

アンコール2
25. We Will Rock You
26. We Are The Champions
27. God Save The Queen
67
69
68
66
  
Posted by mrgntknk at 10:16Comments(4)

2017年06月23日

TWEEDEES「à la mode」

20年前にはじまったNHKアニメ「おじゃる丸」、
番組開始時に作曲した、初代エンディングテーマ「プリン賛歌」を、
この4月より、20周年アニバーサリーの放送で、再び使っていただいてます。

新バージョンはTWEEDEESさんです。
現在の音になってます。とってもカッコ良いです。
21日(水)は、その「プリン賛歌」も収録された
TWEEDEESさんのミニアルバム「à la mode」の発売日でした。

タワーレコード渋谷店内にある、パイドパイパーハウスに行き、
自腹で1枚購入してきました。
サイン会をやっていたので、ファンの方の列のほぼ最後の方に並び、
サインをもらうべく、買ったばかりの「à la mode」を差し出し、
「どうも、やっとお会いできました、モーガン・タケナカです」と挨拶しました。

情報解禁日より、TWEEDEESのお二人とは、
SNS上ではやりとりをしていたのですが、
実際にお会いできた喜びは格別でした。
さらに、一緒に写真も撮ってもらい、とても光栄です。

TWEEDEES 公式ブログ「 パイドパイパーハウス一日店長」

いつか一緒に音楽やりましょう、と言っていただきました。
今度ゆっくりお話しできる機会が出来ればいいなと思います。

1
2

  
Posted by mrgntknk at 23:29Comments(0)

2017年05月07日

GUEEN + AH

1年ぶりのGueenワンマンライブでした。

今回は事前のお知らせ通り、
Queen + ALの来日公演の再現というセットリストでした。
来日公演を観に行ったメンバーは口をそろえて
「全曲演奏できるじゃん」
と言っていたように、
今回のために新しく練習に取り組んだ曲は1曲もありませんでした。
ただし、これまで曖昧だったところ、
コーラスを含めた曲の精度を上げる練習や、
各自楽曲の聴き直しを行いました。

ほぼグレイテストヒッツのようなセットリストは
下記の通りです。


Seven Seas Of Rhye
Hammer To Fall
Stone Cold Crazy
Fat Bottomed Girls

Don't Stop Me Now
Killer Queen
‘39

Somebody To Love
Love Of My Life

手を取り合って
Under Pressure
These Are The Days Of Our Lives

Crazy Little Thing Called Love
Bicycle Race
Another One Bites The Dust
Brighton Rock
I'm In Love With My Car
Sail Away Sweet Sister

I Want It All
Radio Ga Ga
I Was Born To Love You
The Show Must Go On

(アンコール1)
I Want To Break Free
Tie Your Mother Down

(アンコール2)
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions
God Save The Queen


今回、ドラムのロジャーさとしが病気でドラムが叩けない状態だったので、
QueerのロジャーM高橋さんに参加していただきました。

Gueenは、Queenの楽曲を演奏するということ以外に
たくさんの情報をメンバーと共有しながら演ずる必要があって、
普通にミュージシャンがQueenを演奏するのとは
比べものにならない大変さがあるのだと、
僕らが再確認した次第です。
そして、25年以上というバンドの歴史の重みも感じました。


それから近年、
僕が現在学校の仕事に関わっている立場なこともあって、
学校の部活などで、
演奏するだけでなく、人に見せるということを勉強してもらうため、
それから、イベントを作る内側を見てもらうため、
バンド・スタッフに了解を得て、リハーサル見学を実施しています。
これは自分の経験や立場から出来ることを、
彼らに還元してあげたいという思いからです。
O-Eastは構造上、エントランス以外は資材搬入口しかなく、
早くから待っている熱心なお客さんの横を通って会場に入ってもらうのは
双方に申し訳ない気持ちもあるのですが、
本番を観る時は、チケットを持っておられる方優先という条件で
それでもよければという形で行っています。

昨年は和光国際高校吹奏楽部が参加してくれました。
今回は国際学院高校軽音楽部が見に来てくれました。
1年生の時から知っている
まるで自分の生徒のような部員もいて、
彼らにやっとGueenを見せてあげられて、責務を果たした気持ちです。
最近は生のライブを観たことがないという人が増えていると聞きます。
心から音楽を楽しむ、真剣に人を楽しませるということを
肌で感じて欲しいと願っています。
今後も学ぶ気持ちのある生徒・部員の皆さんには、
協力してあげたいと思っています。


次回Gueenは、11月18日(土)場所は渋谷TSUTAYA O-EASTにて。

是非是非、よろしくお願いします。

70

IMG_0081
  
Posted by mrgntknk at 05:33Comments(4)