2019年02月07日

だいたい30周年

僕が初めて組んだバンドは「Loaves & Fishes」という名前でした。
英和辞典をランダムに開いて指さした単語… まあ、よくある決め方、福音書の「パンと魚の奇跡」のことらしいのですが、そこまで深く考えてない中3の初秋。夏休みの自由研究で、シンセ3台を使ってオリジナル曲を発表したのがきっかけで、音楽談義で盛り上がれる仲間と一緒にバンドやろうぜってことになりまして。

時は1984年。
この年ロサンゼルス・オリンピックがありました。スポーツの祭典のエンターテインメント的な側面にスポットを当てた最初の大会だったように記憶しています。一番インパクトを受けたのは、オリンピックの「オフィシャル・サウンドトラック」が存在していたこと。そこで中3のガキどもは考えました。「秋の体育大会のオフィシャル・サウンドトラックを作ろう」。全部で9曲ほど書き下ろしたので、一気にレコーディングしてしまおうという無謀な計画で、その通り頓挫するのですが、かろうじて録音できた1曲半ぶんの音源は、一応今でも保管しています。

高校生になって本格的にバンド活動を始めます。
最初のライブは9月あたまの学園祭でした。メンバーが持ち寄ったジャンルごちゃ混ぜ全7曲。結成半年の高1初ライブで7曲演奏 …これは今の高校生に自慢したい。
L&F
以降はあまり一般ウケしない、高校生ウケしない選曲とオリジナル曲を演奏していたもんで、学校内で大きく話題になることもなく、当初の予定通り高2の秋で活動終了します。

最後のライブから長い時間が流れて、過ぎちゃったけれど、30周年記念セッションなんてどうだろうと無責任に思いつき胸の内を明かしたら、意外にもOKが返ってきたので、消息が確認できたオリジナルメンバーと、この3月にセッションをします。バンドにゆかりのある先輩・同窓生も集まってもらえるようで、ワクワクがおさまりません。あれから楽器を触っていないという仲間の悲痛な叫びが、連日LINEから聞こえてきます。
since1984
これはパン屋かw

  
Posted by mrgntknk at 17:00Comments(0)

2019年01月11日

QUEENが社会現象になっていますね。

平成31年も、次の年号元年も、よろしくお願いします。

あちこちで「QUEEN」の名前を聞く昨今です。
普段音楽からそれほど近くない人の口からも。
尋常ではない社会現象ですね。
でもブームって、さ〜っと去って、すぐ忘れられてしまいますよね。
そんな不安がよぎりながらも、5月の話です。

5月1日(水・祝)、新年号初日、大阪でライブをします。
(以下、プレスリリースより)

190501

『LEGEND OF ROCK in OSAKA Tribute to QUEEN』

洋楽ラジオ番組Vintage Hits Parade(FM COCOLO)とクラシック・ロック情報を発信するMUSIC LIFE CLUBが主催する、大阪発トリビュート・ライヴ・イベント “LEGEND OF ROCK in OSAKA”。その第三弾Tribute to QUEENが5月1日、umeda TRADにて開催される。

出演するのは、“クイーン・トリビュート・スペシャル・ユニット”。このユニットは、いくつかのトリビュート・バンドの混合メンバーで、演奏、ビジュアル、パフォーマンス、そして本家への愛情、これらすべてに強いこだわりを持った5人で構成されている。

ボーカルとピアノはGueenからフレディ波多江とモーガン竹中。ベースとドラムはQueerからGeorge Itoh DeaconとRoger M. Takahashi。そしてギターはBrian May 研究家として知られるKazuo Shimizuが参加。

それぞれの活躍は周知の通りだが、このユニットは初組合せということもあって特別だ。当日どんなマジックが起こるのか!?クイーン・ファンにとっては見逃せないイベントになることは間違いない!

出演:クイーン・トリビュート・スペシャル・ユニット
フレディ波多江(Vocal from Gueen)
Kazuo Shimizu(Guitar Brian May 研究家)
George Itoh Deacon(Bass From Queer)
Roger M. Takahashi(Drums From Queer)
モーガン竹中(Piano From Gueen)

日時:2019年5月1日(水・祝)
開場 17:00 開演 18:00
※開演後ライブ・スタートの前にトークタイムも予定しております。

会場:umeda TRAD
大阪府大阪市北区堂山町16−3  06-7897-2450

料金:前売¥5,000(当日¥5,500) ※ドリンク代が別途かかります。
全席自由席(開場時間より整理番号順のご入場となります)


FM COCOLO Vintage Hits Parade(金曜21時から23時放送)
番組先行発売:2019年1月18日(金)

一般発売:2019年 1月19日(土)
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて発売

チケット問合せ:大阪ウドー音楽事務所
06-6341-4506 udo.jp(PC/スマホ)

主催:FM COCOLO/シンコーミュージック・エンタテイメント
制作:大阪ウドー音楽事務所/LEGEND OF ROCK
  
Posted by mrgntknk at 23:49Comments(2)

2018年10月14日

GUEEN Live「QUEEN TRIBUTE 2018」

平成最後のGUEENワンマンライブが終わりました。
お忙しい日曜日にお越しくださり、ありがとうございました。
立って観ているのもしんどい長時間のライブでしたが、
演奏している側は、あっという間という感覚でした。
それくらい集中して臨めたのかなと思います。

ではいつものように最速セットリストです。
(これいつもコピペされてますw)

One Vision
I Want It All
Now I'm Here

Killer Queen
Bicycle Race
You’re My Best friend
I'm Love With My Car

Love Of My Life
Flick Of The Wrist
Lily Of The Valley
Too Much Love Will Kill You

White Man
Somebody To Love
The March Of The Black Queen
Don't Stop Me Now
’39

Crazy Little Thing Called Love
Under Pressure
I Was Born To Love You
(Tie Your Mother Down)
Seven Seas Of Rhye
Innuendo

(encore)
(I Want Break Free)
Radio Ga Ga
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions
God Save The Queen

※( )はゲネプロでカットされた幻の曲。

次回は新元号となってすぐの、5月5日(祝)です。
スケジュールに書き込んでおいてくださいね。

  
Posted by mrgntknk at 23:25Comments(8)

2018年08月22日

雑感

高校軽音楽の全国大会が終わり、1年でいちばん大きい連盟事業が一段落しました。
毎年コンテストが終わるたび、いろんなことを考え、夜も眠れなくなり、
なんとか自分を納得させようとする、その時期がちょうど今です。

埼玉県は「地区予選」「県大会決勝」を経て、
上位2組が “全国”大会へ出場する権利を得ます。
その権利は譲ってもいいわけです。まあ普通はエントリーします。

大会には審査員がいて、
埼玉県の場合は「地区予選」が各地区3名。
「県大会決勝」が5名。
“全国”大会も5名。

人間が審査するわけですから、
それぞれの尺度、基準、その日の体調によって評価は変わる。
「好み」だって影響するでしょう。
しょうがない、人間だから。

審査員を依頼するのは大変。
本当は、審査員の傾向・専門分野をリサーチした上で、
例えばボーカリストとか、作詞家とか、
オリジナル曲を推進しているんだから、バランス良くお願いしていかないと。
「音楽に携わっている人」が基準ってのは、正直あてにならんのです。
そろそろ気付いてはいるけれど、難しい。

あと近年一番話題になるのは、午前と午後で評価が違うこと。
午後のほうが、次に進める率が高いんです。
もちろん審査員の方々は、それはないと反論されると思います。
でも我々の中では、結局そうなるよ、という共通認識でいます。
午前を聴き直すVARを導入しましょう(半分冗談)。

今回の“全国”大会、
審査員の方、5名全員がギター弾きでした。
開会式の場で長々とプロフィール紹介がありましたが、
まとめると肩書きは5名とも専門学校の講師。

悪く言うつもりはまったくありません。
“全国”大会です。
北海道、福岡からも高い旅費を払って来ているわけです。
“全国”大会というイベントの
ステイタスを感じる場であって欲しいと思いました。


思いついたことを書いてみましたが結構な量です。

コンテストが全て、コンテストを活動の頂点に考えると、
評価を受けられなかった時、全否定された気持ちになります。

コンテストって、所詮こんな具合、
みんな一生懸命やっているし、審査も真剣だけれど、
それでも不確定要素たっぷりの場だということ。
それをうまく伝えられるようにしたい。

評価が悪かったのは、審査員に見る目が無いんだよ、
それくらいの生徒が、今後出現してくれたら嬉しいです。
ロックじゃないですか。
  
Posted by mrgntknk at 19:46Comments(0)

2018年05月06日

GUEENゴールデンリサイタル2018「ズージャ」

今年はアルバム「JAZZ」発売40周年。
先月14日、羽田空港でのイベントに出演させていただきました。その会場で「JAZZをまるごと全曲演奏する」と約束した、そのワンマンライブでした。
ライブタイトルは「ズージャ」。
JAZZ
ZZAJ

今回のセットリストは以下の通りです。

Father To Son
Keep Yourself Alive
Killer Queen
You're My Best Friend
Now I'm Here (Live Killers Version)
'39

Mustapha*
Fat Bottomed Girls*
Jealousy*
Bicycle Race*
If You Can't Beat Them*
Let Me Entertain You*
Dead On Time*
In Only Seven Days*
Dreamer's Ball*
Fun It*
Leaving Home Ain't Easy*
Don't Stop Me Now*
More Of That Jazz*

Love Of My Life
I Want To Break Free
Radio Ga Ga
Tie Your Mother Down
I Was Born To Love You

(encore)
Bohemian Rhapsody
We Will Rock You
We Are The Champions
God Save The Queen

* from "JAZZ"


今回GUEENで初めての斜め置きをしてみました。
050501

ステージで着たTシャツ…(フォントは違うけど)
gun1
gun2

次回のGUEENは、10月14日(日)。
場所は同じく、東京・渋谷TSUTAYA O-EASTです。
よろしくお願いいたします。
  
Posted by mrgntknk at 20:41Comments(3)